スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
8月15日
2014 / 08 / 15 ( Fri )
今日は8月15日だから、いろんなことを書かないといけないけど、
硫黄島見ながら書いてるものだから(途中からだけど)泣いてしまって全く進みやしない。。。

オトノハでうるっとしてる私に、追い打ち・・・
だったけど硫黄島の後にガンガン流れるしやがれの番宣CMでくすっとなってしまったので回復←


ちょっと書き溜めたことから。真面目な話ばかりです。

先週のZERO
ヒロシマの日を前に翔くんが原爆資料館を訪れ、今後は人形の展示を減らし、実際に被爆者が身に付けていたり持っていたり、あるいはその時の被害を受けた物の展示に少しずつ変えていく。という取材でした。その物は、いわば遺された人にとっては形見であり、何物にも代えがたいものだろうけど、自分が年老いてきてこの形見をどうしようかと考えた時に、子や孫に託すには荷が重すぎる、かといって処分できるものではない。見世物にされるようだけど、それでも後世に伝えられるなら…というインタビューもありました。

戦争は絶対に繰り返してはいけない。
そんな当たり前のことを認識させられる。

中学の修学旅行が広島で当然原爆資料館にも行ったけど、そこで聞いた「語り部さん」の話は今でも覚えてる。原爆投下された時のヒロシマのことや、今も放射能の後遺症に苦しんでいる、ということまで。でもその語り部さんは、年を取ってきて昔を思い出して話すのが辛くなってきて、私たちを最後に語り部をやめるとも言っておられた。
私が小学生の頃、祖父が少しだけ話してくれた戦争中のこと。兵隊として戦地に赴いて、たまたま休暇を与えられて家に戻っていたときに原爆が投下され、だから今生きている。もし休暇がなかったら、まさにその地にいたから、絶対に帰って来られなかった。お国の為には何も出来なかったけれど、今生きているということには感謝している。その話の重み。そして祖父が生きているから、今私の存在があるという事実。
戦後の大変な時期の話もよく聞いた。私の父が生まれた時、母乳が出なくて(たぶん栄養とれなくて)ヤギの乳を搾って飲ませていたこと。(だから俺は背が低い、と父がいつも嘆いている。。。)
もう一方の祖父も戦争で戦地に赴いた一人。こちらは詳しく話してくれなかった。きっといろんな経験をしたんだろうと思う。
戦争を経験した祖父はどちらももうこの世にはいません。これから戦争の記憶を持つ人はどんどん少なくなって、生の話を聞く機会はなくなっていく。当たり前のことだけど、でも硫黄島のような現実がフィクションではないかとさえ思ってしまうから、時代の流れとはいえ戦争の話をするのは難しい。


てゆーか広島に翔くんが来ていたなんて!あの川沿いの道、野球見に行ったときに歩いた道だし。とか、
にのちゃん、もっと映画出てくれたらいいのにな、とか、
18年後ってオトノハに書いてあるから純粋に今から18年後は翔くん50じゃん!!と計算してたこととか、
あれ!?Cさんは?…ていう疑問とか、
相葉ちゃんの入所記念日おめでとう!!!、とか、
今年もコンサート行けますように!って何ヶ月も前から祈ってることとか、
私の日常は平和すぎるな。

平和ボケしてますが、この時代に生まれてきてよかったと思う。
ていうアホな締めしかできなくてm(__)m


スポンサーサイト
23 : 55 : 35 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<会報来た(3日前) | ホーム | それが翔潤@VS嵐>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://namitoarashi.blog.fc2.com/tb.php/416-16e687b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。