スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
神様のカルテ2
2014 / 05 / 02 ( Fri )
GW遊びモードになる前に、神様のカルテ2のこと、残しておきます。

とっても優しい映画でした。
考えさせられるところもたくさんありました。
後半かなり泣きました。
タオル持って行って正解。
でもやっぱり最後が良かった。
ラストのイチさんがめっちゃいい顔なの。

神様のカルテ2の撮影をしてた頃の翔くんは、眉毛が太くて髪ももっさりしてて顔も丸かったから、ZERO見る度にあちゃーなんて思ってたんだけど、映画を見たら翔くんじゃないイチさんの柔らかい表情がたくさんあって「あぁイチさんだったんだな」って。そしてあの頃そんな風に思っててごめんなさい、と思いました(笑)

映画を見た帰り、なぜか無性に聞きたくなって車で流した歌は「voice」
ストーリーは違うんだけどね。なんでだろうね。優しい歌で余韻に浸りたかったんだな、たぶん。


この先ネタバレもあると思うので一応たたみます。


************

今回は貫田先生の為とはいえ、なかなか大胆なことをしましたね。
屋上のシーンは一番涙しました。思い出したらまた泣けてきた。最近(始まったことでもないけど)涙もろいんだ。

夫婦ってどういう存在だろうね。
貫田先生と千代さん、
タツと千夏さん、
イチさんとハル、
みんな違う夫婦の形。
違って当たり前だけど、大事なのはお互いを思いやる気持ち。
…最近思いやれてないな、私…。(さっそく反省)

貫田先生と千代さんは、団塊の世代の夫婦の形に近いのかな。夫は仕事一筋、夫婦の時間なんてほとんどない。きっと定年もないし、あったとしても貫田先生は辞めてない。
貫田先生が倒れて入院することになり、ゆっくりすることが出来たとほっとする千代さん。切ない。。。
貫田先生は自分の病気が分かって患者の立場になっても、最後まで医師だった。医師という職業の重さと責任感の強さ。
今回の神様のカルテは、命がけのカルテでした。

タツと千夏さんは、今ではよくある形なんじゃないかと思う。実際は夫と妻が逆のことも多いと思うけど。
共働きで出産後も仕事を続けることになれば、夫婦どちらかはどうしたって仕事を犠牲にしなきゃいけない時がある。子どもが熱を出したから迎えに行かなきゃいけない、子どもが病気の時預けるところがない、学校行事がある、夜まで残業は出来ない。
けど、医師に限らずともどうしても仕事を犠牲に出来ないこともある。私は息子が出来たとき、例え子どもが熱を出そうが大事な学校行事の日だろうが、絶対に仕事を休めない日があるのが分かっていたので迷いなくやめたのです。単純に考えれば、仕事と子どもを天秤にかけて子どもを取ったということ。素敵な仕事だったけど、やりたくて就いた職業じゃなかったからあっさり辞められたのかもしれないけど。
でも医師はそう簡単にいかないよね。きっと大変な努力をして医師になって、強い思いがあって医師になったら、そう簡単にはやめられないよね。命を扱うお仕事だから、途中で引き継ぐわけにもいかない。千夏さんだけを責めることは出来ない。
千夏さんを見かねた結果かもしれないけど、タツが子育てと医師とを両立させることを選んだのなら、それは父親として素敵なこと。
でも、イチさんの言う通り、まわりの理解とサポートは必要だから予め伝えておくべきでしたけどね。
ここがある意味一番のポイントでしょうかね。

働いているママさん、たくさんいるでしょうけど、仕事と子育ての両立って結構大変だと思います。それに家事もあるし。
パートの私ですらそう思うので、正社員で働いておられる方は本当に大変だと思います。
でも、職場の理解って進んでないとこは進んでないんですよね。。。
子どもが熱を出して保育園に迎えに行かなきゃいけない・・・またか~、と口には出さなくてもそういう態度が見えたりする。本人を帰した後で、今月もう何回目だよ…なんて愚痴をこぼす人がいたりする。あからさまに「有休はもう残ってないからね」って本人に言う上司もいた。
職場に迷惑かけているのは本人が一番良く分かっている。だから「迷惑かけてすみません」と謝る。誰も休んで当たり前、早退して当たり前だなんて思っちゃいない。
でも、子どもはほっとけないでしょう?

今まさに子どもが生まれるイチさんが、これから絶対ぶつかる問題。
だけど、生まれてからでないと分からない問題。
それをタツが気付かせてくれたんでしょう。
ハルさんはとってもよくできた人だから、イチさんには迷惑かからないようにするでしょう。
それでも、ハルさんが体調崩したら誰が赤ちゃんのお世話をするの?
これから先、子どもの大事な成長の節目やイベントごとの日であっても、イチさんは医師の仕事を優先するでしょう。
医師としてはとても素晴らしい。けど、子どもの父親としては…?
何が正解か、私には分かりません。
まぁハルさんが困っていれば、男爵さんと屋久杉くんが進んでお世話してくれそうな気もしますけどね(笑)

それからハルさん。
やっぱり素敵な人です。
あんな奥さまになりたい。・・・けどなれないです。。。


翔くん、お疲れさまでした。
スポンサーサイト
12 : 07 : 43 | 翔くん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<15周年記念ライブ、ハワイですって!!! | ホーム | GUTS!リピ中>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://namitoarashi.blog.fc2.com/tb.php/385-d2f2e5fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。