スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
今日の日はさようなら
2013 / 09 / 17 ( Tue )
みなさま、台風の影響はいかがでしょうか?
私のところは台風の進路に重ならず全然たいしたことはありませんが…
京都の被害の映像はちょっと衝撃でした。
他の地域でもいたる所で増水や氾濫、土砂崩れの被害があるようで、
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。



さて、今週はアラフェス!
・・・なんですが私は行かないので、今さら24時間テレビの話をします(^_^;)

まずは「今日の日はさようなら」を、数日前になってようやく見ました。
泣くのが分かっていたので、息子ちゃんを寝かせて旦那もいない夜に見たのですが、
やっぱりめっちゃ泣いた…
後半ほとんど泣いてたんじゃないかな。

感想と言っても今さらですが、思ったことを残しておこうかと。
お付き合い頂ける方はどうぞ。
*****************



もし自分がガンになったら…
もし自分の息子がガンになったら…
もし自分の旦那がガンになったら…
もし自分の家族が、余命いくばくもないと分かったら…

誰にでも起こり得る病気。誰にでも起こり得る状況。
耕太を自分に置き換えてみたり、お母さんの気持ちになってみたり、私も弟がいるのでもし弟がって想像してみたり、
いろんな立場で想像しながら見てました。

自分の余命が分かったら、どうするだろうか。
ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ。
できるだろうか…

それを考えることが出来ただけでも、ドラマの意味は大きいと思う。


私は大病を経験したことがないし知識もそれほどないので想像の域を超えないけれど、
抗がん剤の治療はかなりキツイという認識がある。
その副作用を乗り越えて完治するのであれば頑張れると思う。
けど…キツイ治療を受けても、自分の寿命がそれほど長くないなら、
治療を受けることより、自分の家族との時間を過ごしたい、と思った。

いつも怒ってばかりの息子とはたくさん笑って過ごしたいし、
なかなか言葉に出来ない感謝を旦那さんや両親にも伝えたいし、
生きてる間にしかできないいろんな整理を、自分でしておきたいと思う。

ちゃんと死ぬ。その準備が出来る。
それは、とても大切なこと。

世の中にはそれが出来ないまま亡くなってしまう人もたくさんいる。
不慮の事故で、突然の病気で、あるいは自然災害や事件で。
そうなった時のまわりのショックを考えたら、
受け入れる時間があることは、幸せな死なのかもしれない。


以前、たまたま臓器移植の番組を旦那さんと見ていた時に、
もし自分が脳死になったら…という話をしたことがある。
お互いに、自分が脳死判定されたら臓器移植に同意して欲しい、と言った。
使えるものがあるなら、誰かの命の為になるなら、使って欲しいと。
本当は意思表示カードを持つなりしないといけないんだけど、一応夫婦間ではそう話し合った。
その時の気持ち、私は変わっていない。
でも、実際にそうなった時、残された立場としてそれが決断できるだろうか。
本人の意思であっても、そうなってみたら私が嫌だと思うかもしれない。
旦那さんの両親が了承してくれるとは限らない。
だってもし私の息子が脳死になったら…出来ればそのままの体で旅立たせてあげたい、と思うから。

今日の日はさようならを見ながら、ラストホープを思い出した。
エンディングノートの話。
自分の命が絶えた後のことを考える時間がある、ということは、
幸せなことかもしれないな、と思った。


命について考える。
誰にだって命の終わりは訪れる。
けれど、普通の生活を送っていると、そんな当たり前のことは考えたりしない。
ある日息子が突然「お母さんが死んじゃったら、もう会えないんだよ」と言った。
息子は私のことを「ママ」と呼ぶので、私のことを指してるんじゃないのは分かったけど
ちょっとドキッとした。
絵本かテレビか何かを見て彼なりに「死」を理解したのかもしれない。
私が命に終わりがあることをちゃんと理解したのはいつだろう?


書きながら涙が出てきた。
やっぱり死について考えるのはつらいね。
ドラマもね、智くんの身に起きてることじゃないのは分かってる。
でも…重ねて見ちゃうからやっぱり辛い。

考えるきっかけをありがとう。
そして今日、何事もなく生きていることに感謝。
スポンサーサイト
23 : 52 : 26 | ドラマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<翔ちゃんと呼べない(笑) | ホーム | 14周年★おめでとうとありがとう>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/09/18 08:27 * [ 編集] | page top↑
--鍵コメさまへ--

コメントありがとうございます!
そうだったんですね…
当時は大変だったでしょう。
私は身内をガンで亡くしたことがないので、
その家族の気持ちすら想像の範囲でしかなくて…
だからドラマを見て、初めてちゃんと考えられた気がします。

もしそうなったら…
考えたくないですよね。
でも、ちゃんと死ぬという選択というか考え方というか
それは見習いたいな、と思いました。

こういうドラマや番組を見た時は
普通の幸せ、普通の幸せに感謝しなきゃ!と思うのに、
当たり前すぎてすぐ忘れちゃうんですよね。。。
by: 菜実 * 2013/09/18 17:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://namitoarashi.blog.fc2.com/tb.php/311-0823b924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。