スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
家族ゲームの余韻
2013 / 06 / 26 ( Wed )
家族ゲームが終わってしまい、抜け殻ぎみな菜実です
(・・・半分はプチ放置の言い訳
この3ヶ月の楽しみがなくなってしまったのは、やっぱり淋しい。
あんな楽しそうな翔くん、もう見られないかもしれない。

お話はとっても考えさせられるもので、吉本は決して愛されるべきキャラでもなくて、
悲しい過去や、残酷な現実や、壊れていく沼田家には本当に胸が痛んだ。
自分に置き換えてみるとぐさぐさっと刺さる部分もたくさんあったし、
沼田家は実はそこらへんにたくさんあるんじゃないかと思ってもみたり。
過去の自分を殺してまで吉本荒野になることを選んだ田子先生の悲しみと決意、
それが分かった今なら吉本の奇行と、メッセージとのギャップも理解できる。

家族ゲームが始まる前、翔くんはいろんな人にいろんなことを言われたと思う。
過去の映像は知らない私も、原作を読んだら途端に不安になった。
翔くんに出来るだろうかと。
でも、それは余計な心配だった。
翔くんは私の想像を遥かに越えた姿を見せてくれた。
吉本な翔くんは、普段見られない表情を見せたり、普段カメラの前ではやらないような言動をしたり、
およそアイドルらしからぬ台詞もあったりして、そんな翔くんが見られたことを単純に嬉しいと思ってみたり。

ただ、また吉本に会いたいかというと正直そこまででもなくて、
またどこかで家族を壊していく吉本を見るのかと思うと辛い。
(いや実際そうなったら手放しで喜ぶけど、たぶん無いと思う)
見るたびにこれほど考えさせられたドラマは初めてだったし、見終わるとすごい疲れてしまって。
見るだけでそんなんだったから、作る方には想像以上の苦労があったんだろうと思う。
だから翔くんが楽しそうだったというのは語弊があるのだけれど、
今までにないキャラを思い切って出来るという意味でいろいろ発散できたんじゃないかな。
とにかく私の心にいろんなものを残して吉本な翔くんは消えてしまった。

ドラマは最後性急な感じで、水上(忽那汐里さん)の語りで過去が明らかになるのは安易だなぁと思ったけど、全何話になるか初めに決まってなかったというので仕方ないかな。
いろんな衝撃を残した沼田家だったけど、最後は前向きな終わり方でとにかく救われた。
個人的には長男慎一の彼女だったあすかちゃんが非常によく出来た人間で、もう少し彼女の思いなんかが知りたかったなぁなんて。

この1週間そんなふうに考えたりしながら、未だその余韻に浸っています。



さて、今週に入ってようやく私は謎ディ雑誌祭りを迎えています(遅っ)
毎日のように発売されるとあっていつ買いに行くか悩んだ挙句、たいがい出揃ってからまとめて買う作戦に出ました
田舎の書店ですから、そんなに早く売切れたりしません。
なんならにのちゃん表紙の映画雑誌もまだ残ってるくらいですから
というわけで厳選して3冊買ったわけですが、翔くんが表紙の雑誌を3冊まとめて買う勇気(笑)
この人翔くんのファンなんだなって絶対分かるじゃん!ま、いいけど。
どれもこれも可愛い翔くんを見てにやにやしています
吉本のおかげで安定していたイケメン翔くん♪
なんだけど、吉本とのギャップなのかな、本当に可愛いの。
個人にはシネマ☆シネマの影山じゃない方(笑)の翔くんの写真にかなりきゅんきゅんしています
かわいい…

そんな翔くん、当分休みはないと知らされて愕然としたそうですが、まぁそうだろうね…。
働き過ぎを止めることはできないので、せめてたまに息抜きして体調には気を付けて欲しいものです。


あれ!?明日はVS嵐お休みなのね
息子ちゃんに「今日は木曜日だけど、嵐はおやすみだよ」って言っとかないといけません。
VS嵐はおやすみだけど私は書きたいことがあるので、ではまた明日!



スポンサーサイト
23 : 25 : 08 | ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おかげさまで | ホーム | 木曜日は嵐の日。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://namitoarashi.blog.fc2.com/tb.php/273-cc747517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。