スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
家族ゲーム#5 想像力の欠如という問題
2013 / 05 / 22 ( Wed )
ああっ、気付けばもう水曜日!!
家族ゲームが終わった瞬間は続きが見たくて早く1週間経たないかなとソワソワするのに、あっという間に1週間が過ぎている現実…

翔くんが怖い、と話題の家族ゲームですが、吉本の言うことには説得力があります。
でも怖かったよ~~(>_<)でも「悩みがあるなら聞くよ」は可愛いよ~(*^_^*)
というわけで1週間前の5話を振り返ります。


やっぱり~~~~(T_T)
あ、茂之くんの彼女の話。
吉本が裏でシナリオ作ってたのね…
ただ、そのおかげで茂之とそのちゃんの友情は戻ったわけで。
そのちゃん、これから学校でどう接してくれるかですよね。
茂之と一緒にいじめられないといいけど。

でもこうなるとさ、どこまでが吉本の仕業でどこからが本当に起きていることなのか分からない。



教室での吉本の独白は、説得力がある。
むしろ、これだけ聞けば家族ゲームの根底にあるものが分かる。
見てない方もぜひここだけ読んでみて!

この家族という存在、実にわずらわしい。
なぜなら親の教育やしつけが人格形成に大きな影響を及ぼすにも関わらず、その親を自分で選ぶことができないからだ。
つまり、人は生まれながらにして平等でないともいえる。

例えば、家庭を顧みない父親だった場合。
普段、子供と接していないせいで、表面的な解決しか見出せない。
それがどうして正しいのか悪いのかという根源を教えられない。
ただ誉めて、ただ叱る。

愛情の注ぎ方を誤った母親の場合はどうか。
肉体的にも精神的にも子供が傷つくようなことはいっさいやらせない、触れさせない。
全て事前に回避して子供の時に経験させておくべきことをさせずに育てていく。

本当の痛みも悲しみも苦しみも、恥をかくことさえ知らずに育った子供は、どうなってしまうのか。
他人の感情を推し量ることができない想像力の乏しい大人になっていく。

その結果、
責任を放棄しても構わない、
現実から逃れても構わない、
他人を傷つけても構わない。

そんな自分本位に生きるモンスターになる。




今回のテーマは、想像力の欠如。

想像力って大事です。
妄想癖のある私にはいろんな意味で備わっていますが。

でも私、他人の感情を推し量ることが苦手です。
だから割と自分本位に生きていると自分でも思います。

でも、こうすればああなる、っていうのは考えます。それが悪いことであればあるほど。
思春期って反抗期でもあるし、親に反抗したり自分の存在に悩んだり今までにない行動を取ることもあるけれど、イラっとして頭の中で考えたことを実行に移せば、こうなってああなってそうはなりたくないからやめとこう、って。

その想像力が備わっていないと、慎一みたいなことになるんだ。
吉本が言った自分本位のモンスターとは、まさに慎一のこと。
そして、マキさんと慎一は同じですね。
慎一も放っておけばいずれマキさんのようになるかもしれない。

沼田家で一番の問題児だったはずの茂之が、沼田家で一番まともに見えてきました。
最初からそうだったのかもしれないね。
不登校はいろんなものが積み重なった結果の行動であって、本当に大事なのは不登校をなくすことではない。不登校になった経緯や出来事、感情、意志、そういうものを理解しないといけない。
それが出来なかった沼田家の両親のようになっちゃいけないな、と思いました。


痛みも悲しみも苦しみも恥も、経験しないと分からない。
自分が経験しないと、他人の痛みは分からない。
もちろん成功体験や嬉しいこと楽しいこと、そういうプラスの感情もたくさん経験しないといけない。
大人になってからでは遅い。
子どものうちに経験して、それを親がきちんとフォローして。
どうやってフォローしたらいいんだろうね。

大人になればなるほど、理不尽なことって多いし、我慢することも多い。
相手の感情を推し量ることは、自分の感情をコントロールすることにつながるのかな。
やっぱり私は苦手だな…。



この下は私の勝手な予想。


過去にいじめられた男の子。あの血まみれの人形の持ち主の男の子。
あれは、もしかしたら吉本自身では…?
でないとフラッシュバックしてあんなに感情が昂るなんておかしい。
翔くんが演じていた学校の先生は、吉本の親か兄か…
吉本が殺したのは、過去の自分自身…なんてね。
ま、本物の吉本荒野との関係が未だ分からないので、これ以上想像つきませんが。



さ、今日も頑張って22時までに息子ちゃんを寝かせて、
私は一緒に寝てしまわないように頑張ります。
スポンサーサイト
17 : 12 : 20 | ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お弁当の日♪ | ホーム | しやがれのIKKO飯を作ってみた(^o^)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://namitoarashi.blog.fc2.com/tb.php/255-a3486324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。